• トップページ
  • パワーサプライ事業
  • ソリューション事業
  • お問い合わせ

店舗の電気事故は、ヒューマンエラーが原因!?

店舗において、停電がおきれば、即、営業ストップ。
大きな被害につながり、電気の重要性が身に染みるでしょう。
しかし、電気トラブルは停電だけではありません。
火災や感電などの人的被害を招く電気事故もあります。
こうした事故の原因の多くはヒューマンエラーです。
電気点検やメンテナンスをおろそかにした結果、
とりかえしのつかない事故をおこすケースが後を絶ちません。
店舗を管理、営業する責任者は
電気トラブルについて知識を十分に持っておくことが大切です。
また電気のメンテナンスを行う専門業者との協力体制をしっかり作っておくようにしましょう。
店舗にとって電気点検は安全管理の最重要事項なのです。

店舗の場合、知っておきたいのは大きな被害を起こす電気トラブルの種類です。感電やショート、漏電でも、甚大な被害を起こします。こうした危険なト電気トラブルを防ぐために電気点検はとても重要です。

・・・つづきはこちら

店舗でおきた電気トラブルの多くは、設備の老朽化、保全、整備、点検の不備です。これはいってみればヒューマンエラー。危険なト電気トラブルを防ぐために電気点検はとても重要です。

・・・つづきはこちら

変電所から出ている配電線1つで1500軒の電力を供給しています。この中には一般の住宅だけでなく、工場や事業所等も含まれるため、事故が発生すれば大変な被害に発展するのです。

・・・つづきはこちら

波及事故の実に9割が、電柱から伸びるケーブルと主遮断装置で発生しています。そのため、月次点検でのチェックを行っていますが、経年劣化対策として定期的なパーツ交換も求められます。

・・・つづきはこちら

現代社会では瞬時電圧低下などの電気トラブル発生時も供給できる電力の質を一定の割合に保っておく必要があります。電力トラブルの際に発動するバックアップ機能について解説します。

・・・つづきはこちら

電力を供給するための配線には、漏電を防ぐための絶縁という工程が組み込まれていますが、長年使用していると配線から電気が流れる部分と絶縁部分の機能が徐々に低下してしまいます。

・・・つづきはこちら

トラッキング現象という言葉を耳にしたことはあるでしょうか?これは店舗によく見られる電気事故の一つですが、コンセントにホコリが溜まり、それが原因で発火する可能性があります。

・・・つづきはこちら

空調設備を使用中に思わぬ電気事故が多発しているのをご存知でしょうか?日頃どれほどしっかりお手入れしていても間違ったメンテナンスでは電気事故を引き起こしかねません。

・・・つづきはこちら

高圧受電装置は海岸や住宅街に設置するとトラブルになる可能性があるので注意が必要です。またオフィスなどでも幅広く設置されているので定期的なメンテナンスで電気事故を防ぐ必要があります。

・・・つづきはこちら

太陽光パネルはメリットばかりが特徴的に挙げられていますが、実際にはデメリットも多くメンテナンスは必要となります。また劣化と共に電気事故を起こす可能性も否定はできません。

・・・つづきはこちら

お店の「看板犬・看板猫」などのペット・動物が、発火など電気事故の原因を作ることがあります。事故防止には事例や習性を学び対策を講じましょう。プロによるメンテナンスがあれば万全です。

・・・つづきはこちら

従来の蛍光灯用照明器具をLEDランプに換えるには、LED仕様に改造するバイパス工事が必要です。安定器の取り外しや直流方式への変更等の工事ができるのは、電気工事士の有資格者のみです。

・・・つづきはこちら

クラブやライブハウスには音楽を大音量で楽しむため巨大な音響用スピーカーが設置されます。しかし、あまり大きな音を出し過ぎるとスピーカーが発火する恐れがあるので注意が必要です。

・・・つづきはこちら

日本で販売されている電化製品には法律を守っている証として「安全マーク」が付いています。とはいえ経年劣化は避けられないため電気事故防止には定期的な電気点検が必要です。

・・・つづきはこちら

供給元に問題はないのにお店が停電する場合、店舗敷地内のキュービクルなどが原因となっている事があります。店舗内のみの停電は重大な電気事故を発生させる事があるので要注意です。

・・・つづきはこちら

お店で電気設備を設置した場合、整備状況を把握して定期的に点検することで、ケーブルの劣化や小動物の侵入などを早期に見つけることができ、電気事故を未然に防ぐことができます。

・・・つづきはこちら

近年、台風の増加と勢力の拡大によって各地に被害が出ています。中でも電気事故は気を付けなければいけなく、日ごろからの対策や予防などを行うことが大切になってくるのです。

・・・つづきはこちら

突然の地震による電気事故からオフィスを守る為には日頃からの対策と心がけが大切です。電気機器を落下、倒壊しないように確実に固定し、電源、ブレーカーを切ると言う意識を持ちましょう。

・・・つづきはこちら

皆さんが感じている以上に恐ろしくて厄介なものが電気事故ですが、ペットが原因で起こることもあります。どういった事故事例があるのかをあらかじめ把握しておくようにしましょう。

・・・つづきはこちら

もし電気事故を起こしてしまったら、ケース次第では届け出をしなければいけません。まずは48時間以内に速報を、そして30日以内にも報告をすることになります。窓口は産業保安監督部です。

・・・つづきはこちら